イタリアン料理アラカルトについて

イタリアンの特徴とは

俗にイタリアンと呼ばれる料理をレストランなどで食べることができます。イタリアンの特徴として、ある特定の食材がふんだんに使われる傾向が強いことが挙げられるでしょう。具体的には、トマトを使った料理が多いことが分かります。

 

また調味料で見ていくと、オリーブオイルを使った料理が多いのも、イタリア料理の特徴ということができるかもしれません。しかしイタリア料理にもいろいろなスタイルがあって、例えば、北イタリアなどではバターや生クリームを使った料理も多く出されています。

 

これは、北イタリアはフランスやスイスに隣接していることが、深く影響しているものだと考えられています。一方でシチリアなどでは、アフリカ大陸に近いということもあって、アラビア料理に近い料理が出されることもあります。

デザートだってシンプル

イタリアのデザートというのは最近話題になることが多くなったものです。フレンチのデザートは昔からよくお店などでも作られていましたが、イタリア料理のデザートってそれほど日本ではメジャーではなかったんです。

 

最近の船橋 居酒屋でも美味しそうなデザートがあったりで居酒屋といえどもスイーツ女子にとってうれしいですよね。

 

でも、イタリア料理のデザートも、本当においしいものがたくさんあります。また、作るもの簡単なので、お子さんのおやつに作ってあげるのもお勧めですよ。ティラミスはイタリア料理のデザートとして広まった最初のデザートではないか?と思います。

 

一時期、どのスイーツのお店に行っても、ティラミスがあり、ティラミス風のアイスなども登場していましたよね。マスカルポーネを利用したこれも簡単なデザートです。でも濃厚で本当においしい。パンナコッタも楽に作ることができるデザートです。生クリームとゼラチンを使った軽いスイーツ。

 

カラメルソースを作る手間だけ考えればいいのですから本当に簡単です。ふわっと軽いスイーツ、イタリア料理の後に飲むエスプレッソとよく合います。

韓国の鶏肉料理はメニューが豊富!

韓国では鶏肉を使った料理が豊富です。「チムタク」というのは鶏の甘辛煮とでも訳しましょうか。ぶつ切りの鶏肉とジャガイモ、韓国春雨などを大量の唐辛子と一緒に甘辛く炊いた料理で、かなり辛くてご飯がすすむメニューです。

 

「タッカンマリ」は直訳すると「鶏一羽」。鶏を野菜などと一緒に丸ごと鍋で煮込み、たれにつけて食べる料理です。日本で言う水炊きのようなものでしょうか。「タッカルビ」も日本ではかなり認知度のあるメニューとなりましたが、これは鶏のカルビと呼ばれるモモ肉を、これまた甘辛い味付けで焼いて食べるものです。

 

鶏の鉄板焼と言えます。タッカルビを食べたあとは、その鉄板の上にご飯を入れて、残ったタレと混ぜて食べます。このシメを楽しみにしているお客さんも多いようです。変わりダネでいうと「タッパル」があります。タッパルとは鶏の足を甘辛く味付けした料理です。見た目は少々グロテスクでも、コラーゲンたっぷりの皮と肉がぷりぷりがやみつきになってしまうこと間違いなし。