イタリアン料理アラカルトについて

イタリア料理のマナー

イタリア料理には、料理の出る順番というものがあります。

 

 

 

まずはアペリティーヴォといって、食前酒が出されます。続いてアンティパストという前菜が出されます。その後主菜を意味するプリモ・ピアット、肉料理や魚料理が中心のセコンド・ピアットが出されます。

 

 

 

料理の中にはこの時にコントルノといって、サラダが同時にサーブされることもあります。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058455/lunch/

 

最後にドルチェというデザートが出され、最後のカッフェにつなげていきます。通常カッフェは、エスプレッソコーヒーが出されます。もしミルクの入ったコーヒーを飲んでいると「まだ物足りない」という意思表示に受け取られてしまうことがあります。

 

東京 ケータリング

 

ですから、ミルク入りのカプチーノなどを頼まないほうが無難といえるでしょう。