イタリア料理の食材

イタリア料理の食材エントリー一覧

トマトソース
トマトソースはイタリア料理の基本となります。案外楽にできてしまいますから、チャレンジしてみてください。トマトホールの缶詰、200gを2缶使います。玉ねぎは1/4、それにニンニクをひとかけ、オリーブオイル30ml位、さらに香りづけにローリエ。それにニンジンを少々。セロリの葉やパセリの葉などをお好みで。玉ねぎはみじん切りにし、ニンニクをオリーブオイルで香りたつまで温めたところに入れます。ニンジン、セロリの葉、パセリの葉をこまかくきって玉ねぎに混ぜ炒めます。玉ねぎの色がほんのり変わってきたら、そこにト...
魚介類のトマトソース煮
日本人はタコを食べます。でも欧米の方々はタコをあまり口にしないのです。タコという生き物は食べるものではないという認識だったようですね。しかし、日本人は口にします。また、イタリアの方々もタコを口にします。日本人と同じように、イカやタコ、魚介類が大好きというのが、イタリア、地中海の方々なんですね。オリーブオイルとニンニク、そしてトマトソースというと、イタリア料理に欠かせない具材になりますが、魚介類にはよく合うんです。魚介類にトマトソースをよく利用するイタリア人。そのトマトソースで煮込んだ魚介類のおい...
パスタの種類
これだけ日本でもパスタがポピュラーになったので、パスタイコールスパゲッティだけ、という認識はもう通用しなくなっています。もちろん日本でもっとも愛されているのは、おそらくスパゲッティでしょう。比較的太い麺は濃厚なスープ、細い麺は、あっさりしたものやスープスパゲティなどに。また切り口が楕円形をしているリングイネは、濃厚なソースとよく合います。ヌードルのような食感が特徴です。そしてお次はブガティーニです。これはパスタに小さい穴があるものです。空洞は、寒い冬でも早く茹で上がるための工夫だそうです。アマト...
本場のピザ生地
少しまえまでは、日本ではピザートーストや、出来合いのピザパイなどがイタリアのピザと考えてきた方が多かったかと思います。でも、宅配デリバリーのピザが普及してからは、ピザ生地が非常にさくさくしていて香ばしいことから、本当のピザってこういうものなのか、と認識を新たにした方もいたでしょう。でもこれは本当にピザブームの序の口に過ぎませんでした。日本の宅配ピザはそれでもどちらかというと具やトッピングに凝る傾向がみられ、ただシンプルにピザ生地、そしてトマトソースとチーズの美味しさを楽しむという方向には至ってい...
オーガニックの素材
食の安全が叫ばれるようになってから、イタリアンレストランのなかでも、オーガニックの厳選された素材を利用して料理するレストランも登場しました。イタリアンのように、素材の美味しさを大事にしてシンプルな調理法を好む料理では、安全で健康な環境で育った食物を使うことがとても大事です。野菜だって手間ひまはかかりますが、やはり有害な農薬などを使っていない方がいいし、肉だって、魚だって、牧場や養殖場でスシ詰めになって、不健康な環境で育つよりは、放し飼い、野生に近い形でよい栄養と環境のなか、育てられるほうがいいに...
イタリアの小麦
イタリアだけではなくて、その他の小麦を主食にしている国にとって、小麦粉の選択は、料理の味を左右する大事な選択です。イタリアでパスタに使う小麦粉というと、デュラム小麦ですが、このデュラム小麦の粗挽き粉、つまりセモリナがもっともパスタ作りには適しているといわれています。硬い胚芽が独自のコクをうんで、パンやうどんとはまったく違うコシがある麺になります。もともとイタリアでは、パスタやパンだけではなく、ピザやお菓子のドルチェまで自宅で手づくりする傾向があり、いまの若い人達の間では少なくなっているとはいえ、...
イタリアンのチーズ
イタリアはフランスと同じくらいのチーズ王国です。ざっとその種類は400種類以上で、いかにイタリアに多種多用なチーズがあるかがお分かり頂けるかと思います。チーズ作りは、酪農の盛んなイタリア北部で生産されています。南部は温暖な気候のために、チーズの熟成には向いてはいないのです。ですが、熟成が必要ないフレッシュタイプのモッツアレラチーズなどはよく作られています。そしてイタリアのチーズは牛乳だけからではなく、水牛、羊、そして山羊の乳からもチーズをつくっています。食べ比べてみるとわかりますが、どれもとても...
イタリアンのオリーブオイル
地中海で目立つもの、それはなんといってもオリーブの木になります。オリーブは酢漬けにしてそのまま身を食べることもありますが、だいたいにおいて、オリーブオイルに生まれ変わります。そして地中海料理の大事なエッセンスとしてその存在感を大きくするのです。もちろんイタリア料理では、オリーブオイルは基本中の基本なのでほとんどのお料理で使われています。そしてそのお料理によって、使われるオリーブオイルは若干、違いがあります。オリーブオイルは酸度が低いほど上等なので、一番搾りが一番高級になります。これをエキストラバ...
イタリアンと旬のもの
イタリアンもかなり季節には敏感な料理です。新鮮な物を食材に使うという身上から、多少保存、発酵や熟成が必要なもの以外は、フレッシュであることを好みます。当然チーズやトマト、ワインやオリーブオイルなどは定番であるにしろ、その時の旬の食べ物を用いて、その味わいを最大限に引き出すような工夫がされます。イタリア料理にとって、オリーブオイルやニンニクなどは日本で言う所の醤油みたいなものですから、新鮮な食材であれば、軽く焼いて、ときにはそのままオリーブオイルや酢をかけていただくことがあります。それに自家製のパ...
イタリアンワイン
イタリアのワインには色々な種類が存在しています。赤と白以外にもロゼやスパークリングなどのワインも作られています。生産の規模もフランスとほぼ互角で世界で1位か2位かを争うぐらいのワイン大国と言えるでしょうね。イタリアの食文化の中でワインは食事中には欠かせない飲み物としてあるのは日本の食事のお水、またはビールのような感覚なのかもしれませんね。そんなワインなのですが、イタリアの生産されているワインは全部で2000種類以上もあるのですが、やはり高価なものから安価なものまで存在する。その中でどのワインがい...
イタリアンのトマト
イタリアのパスタの味を決めるトマト。日本のトマトをつかってパスタソースをつくったけど、なんか味が違う、と思うのは当然で、それはトマトの品種が違っているから起こることです。基本的に、イタリアのトマトはポモドーロと呼ばれていて、いまから約400年前あたりから普及し始めました。イタリアのトマト消費量は日本の約10倍ともいいますから、当然その種類も豊富です。トマトソースに適しているサンマルツアーノは独自の酸味がその味の秘訣です。ローマ種は丸い形をしています。南イタリアでは、ミニトマトを天日に干してのドラ...