健康によいイタリア料理メニュー

健康によいイタリア料理メニュー

イタリア料理はイメージとしてはメタボになりやすいと考えられていますが、実際には健康に良い食材がふんだんに使われておりますので食べ過ぎなければメタボにもなりませんし健康にも優れた効果がある料理です。

 

 

 

サラダや炒め料理に多く使われるオリーブオイルは医学的にもコレストロールの悪玉を減らして同時に善玉コレストロールを増やしてくれる働きがあるそうです。食材としても新鮮な魚貝類や肉類、野菜類をまんべんなく使う料理が多いので栄養バランスもとれていて美味でもあります。

 

50種類以上の焼酎が飲める居酒屋はコチラ!

 

さらに多く使うものとしてはパルメザンチーズがあげられますが、カルシウムやビタミンAが豊富な食材ですので肌にも抜群の働きをしてくれます。ニンニク、きのこ類初めバジル、セージ、ローズマリー、のような健康野菜やハーブ類も豊富に使いますので肉類や魚貝類の消化を助け風味も良くなります。

 

 

 

日本料理や中国料理のような醤油類は使いませんが、味付けの基本になる食塩は岩塩や海塩のミネラル類が豊富なものを使っています。例えば、トスカーナ地方の伝統的な豚肉料理は豚肉をオリーブオイルでソテーした後にローズマリー、ニンニクと牛乳で煮込む料理がありますが豚肉料理としては消化もよく最高に元気が出る料理法です。

 

https://r.gnavi.co.jp/f389407/

 

しかも、自分でも簡単にスピーディーに作れるのがイタリア料理の特色ですから日本人の家庭料理としても受け入れられてきているのだと考えられております。
 

 

最近では、多くのイタリア料理の教本や教室などでレシピが掲載されておりますし、有名イタリア料理のリストランテのシェフのレシピの本なども出ていますので自宅でも作れる料理としてお勧めです。