アラカルトで注文する時の注意

アラカルトで注文する時の注意

イタリア料理の店に行来ますと店にもよりますがPiatto unicoという表現のメニューを記載している場合があります。

 

この料理メニューはシェフが得意とする献立の何種類かを少しずつ盛り合わせた逸品になりますので、一度注文してみると良いかもしれません。

 

ぐるなびを今より活かすために更新代行を依頼しよう

 

さて、イタリアンをアラカルトでオーダーする場合で気をつけなければいけないことに一つは量の問題があります。

 

親切なレストランでしたら人数に対して注文量が多過ぎる場合には注意してくれます。

 

また、一人前あたりの一皿のボリュームを少なくして料金も量に応じて割引価格にしてくれる親切なレストランもあります。

 

 

 

しかし、大抵の場合は一品あたりの更に盛りつける量が決まっていますので注文するときに気をつけるべきでしょう。

 

アラカルトでオーダーしたら料理を出してくる順番が問題ですが、丁寧なレストランでしたらシェフの方で順番を考えながら出してくれます。

 

もしくはお腹が空いている場合には順番を気にしないで「順番を気にしないで出して下さい」・・・と事前に伝えても良いかも。

 

 

 

さらにアラカルトで注文するときに「おすすめメニュー」を効いてみても良いかもしれません。

 

アラカルトで注文する時には初めに肉か魚のメインディッシュを決めたあとで、メインディッシュと重ならない具材のパスタと少量のリゾットを注文します。

 

料理を食べ終わったら締めに美味しいドルチェを注文しますが、これも少量を皆で楽しむべきでしょう。