イタリアンとワインのよもやま話

イタリアンとワインのよもやま話

イタリア産のワインはフランスワインと比べても決して負けていない品質があるにもかかわらずに価格面ではだれでも飲める気軽なワインになっています。

 

原料となるブドウの種類もフランスワインが30種類に対してイタリアワインを作る原料になるブドウの種類は2000種類〜5000種類にもなるそうです。

 

 

 

イタリアワインの品種の多さはワインを選ぶ楽しさにもなっていますので自分の好みのワインを覚えておくと良いでしょう。

 

イタリアではフランスに比べてワインを気軽に飲める酒類と考ええていて料金も安く設定されていますのでイタリア人の陽気な正確で楽しんでいます。

 

イタリアの国土は南北に長く20の州がありますが、それらの全域でワイン用のブドウとワインが生産されています。

 

生産量はフランスと毎年のように世界の首位を競い合っておりますが、代表的なワインとしてはキャンティークラシコやバローロ、ブルネッロディモンタルチーノなど土着の品種を使ったものが多くなります。

 

個室居酒屋 美味門 -UMAIMON- 八重洲店

 

北方の地域ではカベルネソーヴィニヨン種やシャルドネ種などの、国際品種を使用した高品質のワインも造られています。

 

北イタリアのワインで有名なワインには渋みのしっかりした「バローロ」があります。

 

渋谷の個室付きイタリアン、The Neworder Tableはこちら

 

日本人に馴染みのあるパスタやピザ、オリーブは南部のものですが、南部ではこれらの食べ物に有ったワインが数多く作られています。

 

ブドウの品種が数多く出来るのが南部ですので数多くの造り酒屋であるワイネリーが地酒としてのワインを作っています。
南部のワインは良質なぶどうで作りますので熟成を待たなくても美味しく飲めるのが特徴です。