オリジナルなイタリアンの生みの親

オリジナルなイタリアンの生みの親

現在の日本はスパゲッティー、ペンネ、リングイネ等のパスタやピザが全国に普及しています。

 

イタリアンというと誰でもパスタとピザをイメージしますが、これらは庶民の味としても広まったもので本来のイタリアの料理には魚貝類や肉類などを使った様々な料理があります。

 

サンタンジェロ

 

日本にも本場のイタリアから来日したイタリア人シェフが本格的なイタリアン料理店を開業したり、日本人の調理師がイタリアに出かけて修行して帰国後に開業したりするケースが増えています。

 

現在では、このように数多くの本格的なリストランテが出来てきていますが、どこもイタリアのリストランテをそのまま同じように運営していることが多いので特徴的なイタリアンが見られないのが実情です。

 

西麻布の口コミで評判の焼肉

 

そのような中で特筆すべきイタリア料理店がありますが、創業した方は調理人でも飲食店のプロでもない人でした。

 

第1回東京オリンピックが始まる昭和39年に近い時期に、飲食業には縁遠い素人でしたがファッションや文化面に秀でていた夫婦が小さなパリのモンマルトにありそうな可愛くてオシャレなイタリアの家庭料理に日本の味に感覚を少しだけ入れたオリジナルメニューの趣味のイタリア料理店を東京の港区飯倉片町にオープンさせたのです。

 

レストランの名称はキアンティですが、当時としては日本にもイタリアにも無い美味しくて素敵な)オリジナルイタリアンのメニューを作り上げたのです。

 

日本とヨーロッパの文化の架け橋でも有ったオーナーのオシャレな生き方と感覚の素晴らしさに憧れたアーティストたちがキアンティに数多くたまり場として集ったものです。

 

結粋 ‐YUI‐ 岐阜店

 

ここで生まれたオリジナルメニューはその後のイタリアンの模範として数多くのイタリア料理店で今でも使われています。