ディジェスティーヴォ

ディジェスティーヴォ

食後酒の意味でコースの最後の余韻を楽しむために飲酒することです。食後酒に出てくるのはワインとは別でリキュール類を使ったお酒が出てきます。カクテルなどの甘めのお酒で小さなグラスで楽しく会話をしていただくのがいいかと思います。

 

 

 

イタリアのリキュールで有名なのはカンパリなどはよく聞くと思います。日本のバーなどでもよく扱われているリキュールのひとつですね。他にはイタリアで伝統的なリキュールはリモンチェッロというレモンを使ったリキュールがあります。これはイタリアの家庭でも作られるぐらいの伝統的なものでいろんなメーカでも作られているほどのリキュールです。

 

 

 

リモンチェッロはアルコール度が30%ありますが、イタリアの人たちの飲み方は冷蔵庫などでよく冷やしてから食後にストレートで飲むのが一般的なようです。
そしてリキュールではなくブランデーの一種になりますが食後酒にグラッパと言うのもあります。これはアルコール度が30〜60%までありブドウの香りがするイタリアでは一般的なブランデーになります。

 

飲み会や合コンで話題になるコンセプト居酒屋

 

イタリアの人たちはこのグラッパを変わった飲み方をするらしい。日本ではあまり知られていないブランデーになるのであまりなじみはないがイタリアンのお店には必ずおいてあるものですのでお試しに飲んでみるのもおもしろいかもしれなせん。全チェーン店のサイゼリヤにもおいています。

 

 

 

このような、リキュールやブランデーを食後酒として小さなグラスで飲み、食後の余韻を楽しむのがイタリアンの魅力ですね。