地域で異なるイタリア料理

地域で異なるイタリア料理

イタリア料理はオリーブオイルやトマト、チーズを多く使う料理というイメージが浸透しておりますが、実際にはオリーブオイルやトマトはナポリなどの南イタリアの料理の特徴で全部のイタリアンというわけでは有りません。

 

 

 

イタリア北部の料理は生クリームやバター、チーズを多く使った料理が多いのですが、これはフランス料理やスイスの料理の影響が色濃くなっております。イタリア東部に行きますとオーストリアやスロベニアの影響が強くなりますし、シチリアのように北アフリカに近い地域ではアラブ料理の影響も受けておりますのでアランチーニやクスクス等があります。

 

ほのか ‐Honoka‐所沢店

 

基本的には地中海に面するところではタコやイカなどを含む魚貝類が多く使用されておりますが、海のない内陸部では肉を中心にした料理が多くチーズなどの乳製品も多く使われます。

 

 

 

この様にイタリア料理は地域によって食材や料理法が大きく変わりますので、日本に紹介されてきたイタリア料理とは異なるイメージの物も多くあります。日本人がイタリア料理を好きな理由には日本人が大好きな麺類やご飯ものであるパスタやリゾットがメニューにあることが大きく影響しています。

 

 

スパゲッティ等のパスタは自宅でも簡単に作れるシンプルで日本人好みの料理です。本来の古くからのイタリアンのパスタは、オリーブオイルとアンチョビ、岩塩等を使ってサッと茹でてから炒めるシンプルで美味しいものですが、南米からトマトがイタリーに入ってきてしばらくしてからトマト味のパスタが流行しました。

 

 

 

1950年頃までは日本のスパゲッティは、このトマト味を真似てトマトケチャップを使ったスパゲッティ・ナポリタンという日本人独特のメニューを開発しています。また、タラコや明太子、海苔等を使った和風スパゲッティも日本ならではのものでしょう。

 

この様に、イタリア料理も世界に広まるに連れてその地域の食材や料理法とミックスされながら新しい形に変わってゆきます。