パニーニで軽食

パニーニで軽食

イタリアン系のカフェだけではなく、いまは色々なところでお目見えするイタリアンパニーニ。さくっとした食感が軽食にぴったりです。イタリアでパニーニというと、パンになにか挟んだものを示し、ホットドックやハンバーガーなどもパニーニの一種になるわけです。

 

 

 

でもパンはチャバッタやロゼッタなどイタリアンのパンを使うのが定番になっています。パンの間にお好みのハムやチーズ、野菜をサンドして食べるようになりますが、パンの風味や食感もあってやっぱりサンドイッチもかなりイタリアンな感じです。

 

 

 

また、カフェなどでその場でつくってくれるパニーニはホットサンドメーカーでかるくグリルしますが、それをイタリアではトーストというようです。日本では、こうした形でパニーニ出しているカフェが多いので、パニーニというとこちらを思い浮かべることが多いようです。

 

 

 

イタリアンパンのしっかりした食感と、具材がたっぷり入っているのもあって、軽食の他、ランチとしてもしっかり食べることができます。典型的なパニーニは、ハム、チーズとなんらかのハーブ、もしくは野菜などを軽くはさんでいます。

 

 

 

すでに調理済みのものが、カフェのディスプレイに並んでいます。ちょっと酸味や癖のあるハーブが、よりパニーニの味に深さを与えています。

 

 

 

中の具材がハーブのおかげで傷みにくく、また臭いを抑えるという効果もありそうです。カフェでは、付け合わせにオリーブ、ピクルスなどがついてくることがあります。