セコンド・ピアット

セコンド・ピアット

主菜で第二皿となります。ここでは肉料理や魚料理がでてくるのでメイン料理になりますね。イタリアは肉料理も美味しいでしょうが、やはりイタリアンの場合、魚料理を食べてもらいたいと思います。イタリアは地中海が近くにありますので海産物はとても新鮮でおいしいと思います。

 

https://r.gnavi.co.jp/ffhb5en70000/

 

イタリアの魚料理と言えばアクアパッツアと言う料理があります。これは白ワインと水をトマトやオリーブで煮込んだスープになりますが色々な魚介類がたくさん入った料理となります。とても、シンプルなのですが素材の味を生かした料理です。使われる魚はいろんな種類がありますが、タイにスズキ、メバルなどの白身魚を使います。

 

 

 

貝はイタリアでよく使われるルーム貝が使われます。色々な店で表記される料理名は違いますが、主に使われる魚は白身魚が使われ、貝もアサリなどが多いようです。他にもフリットと言う料理もあり、これはフライにしたものなのですが、主にイカやエビを使って料理をするのが特徴です。

 

 

 

こういった料理が存在するイタリアなので日本人の私たちにも口に合うものがたくさんあるはずです。魚料理だけではなく肉料理も日本人にも合うものが多くあります。肉料理ではカルパッチョが日本でも有名な料理でなじみはあると思います。

 

 

 

カルパッチョはタコを使った場合もあるので、肉料理だけでもないですが、イタリアンでは肉料理として使われることが多いようなので、肉料理として書かせていただきました。ここであげた魚料理以外に肉料理もセコンド・ピアットで注文していろんな味に挑戦してみてはいかがでしょう。