イタリア料理の特徴イタリア料理の特徴

イタリア料理の特徴エントリー一覧

イタリアンの特徴とは
俗にイタリアンと呼ばれる料理をレストランなどで食べることができます。の特徴として、ある特定の食材がふんだんに使われる傾向が強いことが挙げられるでしょう。具体的には、トマトを使った料理が多いことが分かります。また調味料で見ていくと、オリーブオイルを使った料理が多いのも、の特徴ということができるかもしれません。しかしイタリア料理にもいろいろなスタイルがあって、例えば、北イタリアなどではバターや生クリームを使った料理も多く出されています。これは、北イタリアはフランスやスイスに隣接していることが、深く影...
イタリアンワインの特徴
ワインというとフランスというイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、実はイタリアもフランスに負けず劣らずの生産国といわれています。イタリアすべての領土でブドウを精算することができることが大きいかもしれません。またイタリアの領土は長靴ともいわれますが、細長い形状をしています。そのため、多種多様な気候になっています。このため、そのいろいろな地域で作られるワインの味も多種多様です。実に1000種以上もブドウがあるといわれていますから、いろいろな味を堪能することができるでしょう。今では、お店から...
イタリア料理の種類
イタリア料理を食べに行く前に、イタリア料理店にはどのようなものがあるか、知っておきましょう。まず、私たち日本人が大好きなパスタ。パスタ専門店のことをイタリアでは、スバゲッテリアといいます。たくさんのパスタメニューがあり、今までに口にしたコートがないメニューを味わうことができると思います。ピッツアエリアは、ピザ専門店です。イタリアのピザは生地が本当においしくて、チーズの種類も豊富なので、様々な味のピザを味わうことができますよ。さて、日本の居酒屋のようなお店もたくさんあります。至りの居酒屋はオステリ...
イタリア料理のマナー
イタリア料理には、料理の出る順番というものがあります。まずはアペリティーヴォといって、食前酒が出されます。続いてアンティパストという前菜が出されます。その後主菜を意味するプリモ・ピアット、肉料理や魚料理が中心のセコンド・ピアットが出されます。料理の中にはこの時にコントルノといって、サラダが同時にサーブされることもあります。最後にドルチェというデザートが出され、最後のカッフェにつなげていきます。通常カッフェは、エスプレッソコーヒーが出されます。もしミルクの入ったコーヒーを飲んでいると「まだ物足りな...
オイスターバーとは
最近、日本各地に新しいタイプのレストランが登場してきています。それが、オイスターバーと呼ばれるレストランです。文字通り、いろいろな牡蠣を食することができるレストランのことを言います。しかもオイスターバーとなっていますから、牡蠣を肴にしながら、一杯飲むことができるようにもなっているのです。大人のデートコースには、もってこいのスポットということができるかもしれません。牡蠣といっても、その種類はさまざまです。ですからバーに行って、いろいろな牡蠣の味比べをしながら、お酒をたしなむこともできます。もしバー...
火を使わないで調理するパニーニ
パニーニは、パンに具材を挟んで食べるイタリアのサンドイッチです。イタリア語でパニーノと言われていますが、複数形だとパニーニと呼ぶそうです。使用するパンは、薄切りしたパン意外のものを使用するのが一般的になっています。たとえば、食パンのような平たいものではなく、フランスパンやハンバーガーなどに使うパンなどです。火を使わないでもいい料理でイタリアでは軽食としても人気があります。日本でもパン屋さんへ行くとよく見かけます。フランスパンにチーズやハム、トマト、レタスを挟んで売られています。ちがうパンを買おう...
フォッカッチャは手作りでも簡単!
フォッカッチャは、イタリアの特にトスカーナでよく食べられているパンです。イタリアレストランや宅配で頼むとパスタと一緒に添えて出されたりします。食感はパサパサ、サクサクというより少し湿気を感じるのが特徴です。形もいろいろあり小さく平べったい丸いかたちのものから大きめにこしらえたものまでお店により随分と形状が違います。食べ方としては、パスタと一緒に食べたりチーズ、野菜、肉などをはさんでサンドイッチのように食べる場合もあります。一昔前までは、パスタを頼むとフランスパンなどが出されていましたが、最近はフ...
お勧めアラカルト料理
普通はイタリアンレストランに行った場合にはコースで頼むより自分の好きなものをアラカルトでオーダーしたほうが良いでしょう。少し高級なリストランテに行きますと大抵は担当のウエイターが本日のお勧め料理を?明してくれます。そのお勧めメニューから選ぶのも悪くは有りませんが、その店の日頃からの特に評判メニューを聞いて見ることをお勧めします。本日のお薦めメニューは、時としてシェフの方で保存してある食材で本日中に売らないと傷んでしますものを勧めてくることがありますので、必ずしも評判の良いメニューとは言い切れませ...
地域で異なるイタリア料理
イタリア料理はオリーブオイルやトマト、チーズを多く使う料理というイメージが浸透しておりますが、実際にはオリーブオイルやトマトはナポリなどの南イタリアの料理の特徴で全部のイタリアンというわけでは有りません。イタリア北部の料理は生クリームやバター、チーズを多く使った料理が多いのですが、これはフランス料理やスイスの料理の影響が色濃くなっております。イタリア東部に行きますとオーストリアやスロベニアの影響が強くなりますし、シチリアのように北アフリカに近い地域ではアラブ料理の影響も受けておりますのでアランチ...
アラカルトで注文する時の注意
イタリア料理の店に行来ますと店にもよりますがPiatto unicoという表現のメニューを記載している場合があります。この料理メニューはシェフが得意とする献立の何種類かを少しずつ盛り合わせた逸品になりますので、一度注文してみると良いかもしれません。さて、イタリアンをアラカルトでオーダーする場合で気をつけなければいけないことに一つは量の問題があります。親切なレストランでしたら人数に対して注文量が多過ぎる場合には注意してくれます。また、一人前あたりの一皿のボリュームを少なくして料金も量に応じて割引価...
イタリアンとワインのよもやま話
イタリア産のワインはフランスワインと比べても決して負けていない品質があるにもかかわらずに価格面ではだれでも飲める気軽なワインになっています。原料となるブドウの種類もフランスワインが30種類に対してイタリアワインを作る原料になるブドウの種類は2000種類〜5000種類にもなるそうです。イタリアワインの品種の多さはワインを選ぶ楽しさにもなっていますので自分の好みのワインを覚えておくと良いでしょう。イタリアではフランスに比べてワインを気軽に飲める酒類と考ええていて料金も安く設定されていますのでイタリア...
オリジナルなイタリアンの生みの親
現在の日本はスパゲッティー、ペンネ、リングイネ等のパスタやピザが全国に普及しています。イタリアンというと誰でもパスタとピザをイメージしますが、これらは庶民の味としても広まったもので本来のイタリアの料理には魚貝類や肉類などを使った様々な料理があります。日本にも本場のイタリアから来日したイタリア人シェフが本格的なイタリアン料理店を開業したり、日本人の調理師がイタリアに出かけて修行して帰国後に開業したりするケースが増えています。現在では、このように数多くの本格的なリストランテが出来てきていますが、どこ...